未来に笑顔を届ける鍼灸・接骨院

  1. HOME
  2. 院長紹介

はじめまして、鍼灸・接骨院「白澤堂HAKUTAKUDOU」の院長・長濱知之と申します。

当院は京都の京阪三条駅と地下鉄東山駅の間に位置しています。令和元年10月から開院しましたが、それまで大阪で14年の間3か所の治療院で勤めておりました。


特に最後の9年間、大阪長居にあります中和鍼灸院院長の傅嵩青(フ ソンチン)老師との出会いは私の現在の治療の考え方の基礎となるとても幸運なものでした。師の元で、脈診による治療の威力と五臓六腑の生理を守ることの重要性を学び、多くの患者さんの治療を通じて私自身も成長させていただきました。

そのような優れた技術を学びながら治療を続ける日々の中で、私にはある強いこだわりがありました。それは、

患者さんが抱える心身の悩みの根本的な問題は実際には一人一人異なるため、如何に的確に個別の原因を見つけて最善の方法を提供できるか

ということです。原因をみつけてこそ、優れた技術がより活かせると考えるからです。そのため、治療中は患者さんの生活習慣や過去の出来事まで尋ねることがあります。どういうことがあって現在に至るのかを考えて、施術にあたるよう心がけています。


しかし、保険診療の範囲内では情報を得る時間を十分にとることが難しいと感じることも多く、同時に症状の現れている部位以外に原因があることや、身体全体のバランスの問題であるケースも多いため、そういった問題をきちんと診ることのできる治療院をしたいとずっと考えておりました。

確かにマッサージなどの気持ちのいい施術や、癒しの施術も大切です。

しかし、今ある症状よりも強い刺激の治療を受けて、症状を抑えているだけでは、一時的に楽になりますが、すぐにまた元の状態に戻ってしまいます。本当に身体のバランスがおかしくなった人の場合はそれでは追いつきませんし、早めに治しておかなければ症状が固定化し治癒しにくくなってしまいます。

「マッサージや整体院など通っているがなかなか良くならない」。そういった方々に、

本当の意味で身体が良くなったことを実感していただき、笑顔を取り戻して頂きたい

そして、治ったというだけでなく、そこから先にある未来を見据えて、

あきらめかけていた趣味やスポーツや仕事や旅行を再開できるよう、皆様の人生目標の再設定をお手伝いしたい

そのような思いで、鍼灸院・接骨院である「白澤堂」を開院いたしました。

身体の悩みには、痛みやしびれ以外にも浮腫みや眩暈から病名にないようなものまで様々な症状があります。些細なことでもいいので、お気軽にご相談ください。

特に症状が長びき強い場合には初回の不安も大きいかと存じますので、気になることがありましたらお電話もしくはメールを頂ければと思います。施術中などで電話に出れない場合がありますが、折り返し連絡します。

しっかりと症状を改善し、健康を取り戻したいと考えておられる方に向いているかと思います。毎回、症状および身体所見がどの程度変化しているかをチェックして、治療方針を設計していきます。

早期の回復を目指し、再発しない身体づくりを!

鍼灸・接骨院《白澤堂》  院長 長濱知之

<長濱知之のプロフィール>
性別:男 
家族:妻、2人の娘♪
趣味:太極拳、形意拳、読書、映画鑑賞
保有資格:はり師、きゅう師、柔道整復師、認定心理士、太極拳・形意拳四段
経歴:立命館大学文学部心理学科卒業、森ノ宮医療学園専門学校鍼灸科・柔道整復科卒業、藤澤整骨院4年勤務、かとう鍼灸指圧整骨院1年勤務、中和整骨院鍼灸院の整骨院院長として9年勤務